地域日本語教育ちいきにほんごきょういくってなに?

地域日本語教育ちいきにほんごきょういく」とは、わたしたちのまわりにむ、日本語にほんご母語ぼごとしない外国人がいこくじんなどが、生活せいかつなどに必要ひつよう日本語にほんごけられるようまなぶのを支援しえんすることです。

外国語がいこくごとして日本語にほんごまなひとたちは、すでに日本語以外にほんごいがい母語ぼごっています。また、ことばだけではなく、母文化ぼぶんかっています。なんらかの理由りゆう日本にほんむことになったひとたちが、外国語がいこくごとして日本語にほんごまなび、日本文化にほんぶんかれるのは大変たいへんなことです。その負担ふたんすこしでも軽減けいげんできるよう、おな地域住民ちいきじゅうみんとしてともきるための支援しえんをします。

2019ねん6がつ28にち日本にほんはじめての日本語教育にほんごきょういくかんする法律ほうりつとして、「日本語教育にほんごきょういく推進すいしんかんする法律ほうりつ」(通称つうしょう日本語教育推進法にほんごきょういくすいしんほう)が公布こうふ施行せこうされました。この法律ほうりつには、日本語教育にほんごきょういく推進すいしんするうえでの「くに責務せきむ」「地方公共団体ちほうこうきょうだんたい責務せきむ」「事業主じぎょうぬし責務せきむ」「連携れんけい強化きょうか」「法制上ほうせいじょう財務上ざいむじょう措置等そちなど」「資料しりょう作成及さくせいおよ公表こうひょう」が明記めいきされています。

神戸市こうべしでは2019年7月に、文化庁ぶんかちょうの「地域日本語教育ちいきにほんごきょういく総合的そうごうてき体制たいせいづくり推進事業すいしんじぎょう」として補助ほじょけ、KICCが実施団体じっしだんたいとして「神戸市こうべしにおける地域日本語教育体制整備事業ちいきにほんごきょういくたいせいせいびじぎょう」を開始かいししました。

このページでは、KICCの地域日本語教育ちいきにほんごきょういくへのみについて、おつたえします。